MENU

プロミスならある程度は自由に使える

プロミスでの借り入れ金は、個人が使う範囲なら特に用途には縛られていません。目的のあるローンとは異なり、生活費でも何かの買い物の費用でも、趣味の出費としての利用も出来ます。このあたりはプロミスをはじめとするカードローンキャッシングの利点であると言えます。

 

 

ただ、あくまで個人が使う範囲で自由となるため、ビジネスに使う資金としてはプロミスからは借りられません。事業性資金としての融資となるとプロミスのカードローンは利用外となるため、他のビジネスローンなどの利用となるでしょう。

 

詳しい利用条件や申し込み内容はプロミスの条件でまとめられており、更には審査の内容や評判、各店舗の詳細情報も掲載がされているので、手続きを始める前に見ておくと役に立つのではないでしょうか。

 

申し込むには年齢と収入が重要

プロミスに限った話ではありませんが、カードローンには申し込み条件が設定されています。この申し込み条件を満たしていないと、審査に通るか通らないかという以前に、そもそも申し込みすらできません。申し込み前に自分が申し込み条件を満たしているか、しっかり確認しておきましょう。

 

プロミスの場合は、まず年齢が20歳以上69歳以下である必要があります。銀行のカードローンだと、65歳以下でないといけなかったりしますから、プロミスのほうが高齢者にとっては申し込みしやすくて便利でしょう。残念ながら未成年の場合はどれだけ収入があってもプロミスでは申し込みできません。未成年は20歳になるまで待つようにしましょう。

 

また、申し込みには安定収入が求められます。安定収入というのは必ずしも正社員として給料をもらっているという意味ではありません。パートやアルバイトでも長期にわたって継続的に収入を得ていれば、申し込みは可能です。安定収入さえあれば、別に主婦でも学生でも申し込みは可能です。

 

主婦や学生の場合、自由に使えるお金が不足しがちでしょうし、プロミスを申し込んでおけば、いざというときにすぐに必要なお金が借りられるようになって便利です。プロミスと契約しても、借入するかどうかは自由に自分で決められますし、将来必要になるかもしれないと思うなら、早めに申し込みを済ませておくといいでしょう。

 

無利息の借入れチャンスを活かそう

カードローンにおいて、金利の存在は無視できませんが、チャンスを活かせば無利息で利用することも可能です。全てのカードローンで有効な手段ではありませんが、活かせるチャンスは活かしましょう。

 

最も多く見かける機会は、期間限定で無利息キャンペーンを行っている場合です。1週間や1ヶ月単位で行われている事が多く、初回限定などの条件が付く場合もあります。初回限定の場合、いつから無利息期間が始まるのかチェックしましょう。借入れからスタートではなく、申し込み契約してスタートかもしれません。そのため、気づいたらキャンペーンが終わっていた、という事態も考えられます。

 

また、何度も無利息期間を利用できるカードローンも存在します。たいていは短い無利息期間となりますが、借入時に貯まるポイントなどを活用して無利息期間がスタートするケースが多いのです。これも申込み前の情報収集時点でわかることなので、忘れずにチェックしましょう。

 

最後に、無利息期間だからと無理に借入する必要はありません。結局は返済するわけですし、必要なときに必要な金額を借入しましょう。下手に借りると、期間内に返済できないかもしれませんし、計画的に借入をしましょう。

 

プロミスでもメールアドレスとWeb明細交付登録で30日間の無利息キャッシングがあるので、便利に利用が出来ます。プロミスは体験談などを見てもプロミスcmを見かけたのをきっかけに利用をしている方も多いので、初心者の方でも安心の無利息サービスは大変助かります。